www.vidiyalchildren.org

予想外にいきなり起こるのが車の事故です。この状況でどのように処理するかが原因となり自動車保険金の支払額も相当大きく差が出ることも予想できますので冷静な考えと対処が重要です。想像できない状況に巻き込まれて慌ててしまったとしたら必要な対処を見逃してしまいそれから自らが大きな損をしてしまう場面もありえるので乗用車の事故を起こした場合は正確に以下に述べる対処をします。事故を起こした場面で最初にすべきなのは怪我をした方の状況を確認する必要があります。交通事故後すぐはショック状態になってしまう時があり短期間で動けないのが一般的です。その場合、怪我をした方がいたならば危険じゃないところへ移動して手当てをし119番通報するなどして要救助者の優先に努めることが大事です。救急車に連絡する場合は正確な事故があった場所を連絡して、不明確な場合には目立つ建造物や交差点名を知らせて事故が起こった位置を特定できるようにします。その後で警察へ電話して、交通事故が起こった事また現状を告げます。救急車とパトカーが来るのを待っている時に事故の相手の情報をチェックします。姓名、住所、TEL番免許証番号、ナンバープレート、相手側の自動車保険会社名という自分だけでなく相手の身元を交換します。その時に相手に過失がある状況では即刻処理する状況が考えられますがその場でやり取りするのではなくどんな状況にかかわらず110番や保険の会社に通報して、ちゃんと調査してもらう事が大切です。お互いの情報をやり取りしたら車の妨害になるのを避けるために障害物を道からどかします。万一障害になる物が邪魔となっている場合は、相手と自分の情報を交換するよりもこの対応をしても問題はないです。ここで自身が加入している保険屋さんに連絡を入れて自動車の事故が発生したことを届け出ます。自動車での事故から一定の期間の内に自動車保険会社に連絡しておかないと、車の保険の適用除外となることもあるのでなるべく素早く電話を入れることが大事です。事故内容の証拠としてデジタルカメラや携帯電話のカメラなどを使って事故や乗用車の破損の写真を撮っておきます。その証拠写真は過失のパーセンテージ決める際にとても重要な証拠となりますので自身の自動車や先方の車の破損状態をきっちりと手がかりとして残しておいてください。この状況で目撃した人がいるのであれば警察の人や保険会社が到着するまで現場にそのまま待機してもらうように依頼するのも必要不可欠です。

Link

Copyright © 1996 www.vidiyalchildren.org All Rights Reserved.